神無/ゴストリ 遊戯王観進帳

神無とゴストリの2人による、遊戯王に関する話題を気分のままに書いて行くブログです。主にファン寄りの内容になるとは思いますが、制限改定の予想をしてみたり、制限改定が発表されたタイミングで次期環境でどのようなデッキが活躍するかも書いて行ければと思います。よろしくお願いします。

【装備ランドサガ・リベンジ】(ゴストリ)

装備カードはアド損しやすいという言葉がいつから発生したか

少なくとも《マハーヴァイロ》に《デーモンの斧》を装備させて《青眼の白龍》を一狩りしていたハンター達のセリフではなかったように記憶しています

時代は流れ「ストラクチャーデッキR-ウォリアーズ・ストライク-」にて装備カードと戦士族のシナジーを高めたデッキが強化され、装備魔法も使いやすくなりました

今回は「とにかく装備魔法使い倒して遊びたい」という童心を形にしてきました

 

戦士に最強の旗印を背負わせ、いざ。

 

f:id:kanna_gostori:20210405210139j:image

 

・主戦略

①《聖騎士の追想ゾルデ》の効果で任意の戦士族をサーチし、墓地に装備魔法を貯めながら戦士族を展開

②《ギルフォードザ・レジェンド》に装備魔法を拾わせて戦闘破壊によるアドバンテージを目指す

 

・今回採用した装備魔法は全部で11枚。打点を上げて殴り倒す目的と耐性を与えることも視野に入れてます

主なテキストは、

《妖刀竹光》

・墓地に送られると《竹光》カードサーチ

《折れ竹光》

・テキストにシミがあるバニラ

《焔聖剣−デュランダル

・デッキから炎属性戦士族をサーチ&自壊

《天命の聖剣》

・戦士族に戦闘効果破壊をターンに一度免除

《アームド・チェンジャー》

・戦闘破壊成功時に装備モンスターの攻撃力以下のモンスターをサルベージ

《ガーディアンの力》

・装備モンスターの戦闘する攻撃宣言時に魔法カウンターを乗せ、カウンター数×攻撃力500UP

《最強の盾》

・守備力分攻撃力上昇

《月鏡の盾》

・ダメ計算時戦闘相手の打点+100の打点になる

《魔導師の力》

・自分魔法罠の数×攻守500UP。強い。

モルトシュラーク》

特殊召喚モンスターの発動した効果を受けない&装備モンスターの打点分デバフ

《ラプテノスの超魔剣》

・BP中に装備モンスターの表示形式を変更し効果による召喚

 

・戦略①で挙げた《イゾルデ》の成立には、

《ネオスペース・コンダクター》→《N・アクアドルフィン》or《ネオス》

《終末の騎士》→《サイレントブーツ》→《ブリガンダイン》

戦士族+《切り込み隊長》

戦士族+《焔聖剣デュランダル》or《キリビ・レディ》

の各ルートを採用。

《イゾルデ》の召喚時には戦略②の為に《ギルフォードザレジェンド》をサーチ。おおよそ1ターン目は準備段階なので召喚不能は気にしません。もし既に手札にあれば《開闢》でもいいでしょう

また墓地に装備魔法を貯める効果で呼び出すパートナーには《ヒーロー・キッズ》が1番アドバンテージを稼げます。これで《イゾルデ》以外に場には3体のモンスターが用意できるので、《アナコンダ》をリンク召喚し融合モンスターを出せるようになります

ここで出したいのが《フュージョン・デステニー》による《ドミネイトガイ》です

《D-HERO ドミネイトガイ》
融合・効果モンスター
星10/闇属性/戦士族/攻2900/守2600
「D-HERO」モンスター×3
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分または相手のデッキの上からカードを5枚確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
(3):融合召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地のレベル9以下の「D-HERO」モンスター3体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

高打点に加えて戦闘破壊成功時に1ドローの報酬がついているので、装備魔法でサポートして殴りたいモンスターです。戦士族というのもポイント。また破壊された場合、墓地からD-HERO3体を蘇生させられるので返しのターンの《ギルフォード》氏の贄とする算段もつきます。

相手に破壊されずとも《フュージョン・デステニー》の効果で呼び出していたモンスターは次のターンの終了時に自壊するので、やはり場には3体のモンスターが残ることになります

融合素材及び蘇生させたいD-HEROは2ドロー屋の《ディスクガイ》、1ドロー屋の《ドローガイ》、そして自動的に破壊耐性を与える《ドレッドガイ》

 

《 D-HERO  ドレッドガイ》
効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻 ?/守 ?
「幽獄の時計塔」の効果で特殊召喚した場合、
自分フィールド上の「D-HERO」と名のついたモンスター以外の自分のモンスターを全て破壊する。その後、自分の墓地から「D-HERO」と名のついたモンスターを2体まで特殊召喚する事ができる。
このカードが特殊召喚されたターン、自分フィールド上の「D-HERO」と名のついたモンスターは破壊されず、コントローラーへの戦闘ダメージは0になる。このカードの攻撃力・守備力は、自分フィールド上のこのカードを除く
「D-HERO」と名のついたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。

 

《ドレッドガイ》は特殊召喚成功時にD-HEROに破壊されない状態を、「発動というプロセスを経ず適用させる」ので出し得の塊。貫通ダメージすらカットできる生存のプロです

復活した《ディスクガイ》《ドローガイ》の効果で3枚ドローするので装備魔法や展開カードを引き込め、返ってきた自分のターンで十全に殴り込めます

 

・《アナコンダ》による融合効果ではもう一つの融合、《ネオス・フュージョン》を発動させる事も視野に入れています。呼び出すのは素材に《ネオス》と星4以下を要求する《E・HERO ブレイブネオス》

素材には《トリック・デーモン》を落として《デーモンとの駆け引き》をサーチ。それにより呼び出せる《バーサークデッド・ドラゴン》は全体攻撃能力を持った3500打点で、戦士族シナジーを無視して余りある攻撃性能が生み出せます

《駆け引き》の発動条件には星8以上のモンスターが墓地へ送られた場合なので、《開闢》や《ドレッドガイ》《ギルフォード》が該当者になります。リンク素材にしてしまっても発動条件を満たせるので比較的簡単に出せるのは強みです。

リンク2の《トラックブラック》はリンク先にいるモンスターに、「戦闘破壊成功時に1枚ドローする」効果を付与させられます。全体攻撃と相性が良く、《駆け引き》のトリガーになるリンク召喚から使えるので狙える時は狙いましょう。

上手くいった時のアドレナリンは言うに及ばず。

 

・罠カードの《アームズ・コール》はデッキから装備魔法を手札に加えるか場のモンスターに直接装備するかの二択を選べます

罠なので相手ターンに備える迎撃のカードとしての側面が強く現れています

換装させる装備魔法は前述の通り、

・戦闘無敗を誇る《月鏡の盾》

特殊召喚モンスターからの効果を受けなくする《モルトシュラーク》

・破壊耐性付与の《天命の聖剣》《ガーディアンの力》

と選択肢はマシマシ

《ラプテノスの超魔剣》の場合は相手ターンに召喚できるので、《イゾルデ》でサーチしておいた《ギルフォードザレジェンド》を召喚しフル装備モードで反撃出来たりします

 

・総括

という事で装備魔法を使い込む《ギルフォード・ザ・レジェンド》のお話でした

上手くいけば《ギルフォード》にフル装備させる事ができ、

例えば《魔導師の力》《最強の盾》《ガーディアンの力》《モルトシュラーク》《ラプテノスの超魔剣》を装備させた場合

「戦闘・効果で破壊されず、対象にとれず、特殊召喚モンスターからの効果を受けず、総攻撃力2600+2500(魔導師)+4500(盾)=9600打点で攻撃宣言ごとに500ずつ攻撃力を上げる」

という訳の分からん究極超人を生み出す事ができます

もはや最強を通り越してギャグの領域に足を突っ込んでいる気がしますが、最強を目指すのは人のサガ。

 

そうサガなんです

 

装備ランドサガ・リベンジ

 

と、タイトルが回収できたところでまた次回

「リベンジ」要素は《ギルフォード》のストラクRが発売された時に回収されるでしょう

ではまた